2020年12月19日(土)~2021年3月7日(日)
[平日] 11:00~20:00 [土日祝] 10:00~20:00
※12月29日~1月3日は10:00~20:00 ※最終入館19:30

[会場]オーテピア西敷地 高知市追手筋  ◎入場につきましては新型コロナウイルス感染症対策を実施します

~作品情報~

おいらん
花 魁

約1,000匹の金魚が泳ぐ、アートアクアリウムを代表する作品『花魁』。 巨大金魚鉢の大きさは、高さ2.4m・最大直径2mにもなり、江戸の遊郭を表現しています。乱舞する金魚は、花魁とそれを目指す女たちを金魚鉢は、その中でしか生きることがのできない世界を意味しています。金魚鉢が七色に変化するライティングは、江戸花街の艶やかさを演出しています。
おおおく
大 奥

「花魁(Oiran)」の流れをくむ巨大金魚鉢シリーズの大作。金魚を愛でる文化が花開いた江戸を象徴する“大奥”を表現した、幅約3mにわたる複合的な作品です。多くの女性が自らの美を競い合う豪華絢爛な世界を表現しています。そして、美と艶を輝かせながらも、どことなく儚げな生き様を、妖艶に泳ぐ金魚と重ね合わせています。
たいせいほうかんきんぎょだいびょうぶ
大 政 奉 還 金 魚 大 屏 風

大政奉還は日本の歴史において様々な影響を与え、芸術の世界も大きな転換期を迎えました。「大政奉還金魚大屏風」では、日本の美術史の移り変わりを表現したプロジェクションマッピングによる動く屏風絵を屏風型アクアリウムに投射し、その中を金魚が優雅に泳ぎます。映像は、大政奉還の時期とその前後の時代というように、3つの時代のテーマで創り、大政奉還がもたらした日本の芸術への影響が理解できる、幅5.4mにもおよぶ18連ビョウブリウムの大型作品です。
 と さ き ん
土 佐 錦 魚(高知県の天然記念物)

高知市を中心とした狭い地域で飼育されている、土佐独特の金魚です。琉金の体型に、水平の尻尾は開いた扇子に似て、前方が腹部にそって反転しており、金魚の女王と呼ばれるにふさわしい容姿です。 大量生産は大変難しく、愛好家による伝承保存にその命脈を掛けています。

※土佐錦魚も展示予定です。
※展示作品、展示魚種は予告なく変更する場合があります。


~チケット情報~(※販売情報の詳細は11月上旬に公開予定)

平  日: 一般 1,100円 / 子供 600円(小学生以下) / 3歳以下 無料
 
土日祝日: 一般 1,300円 / 子供 700円(小学生以下) / 3歳以下 無料
※12/29~1/3も同様



アートアクアリウム公式サイト